東京・調布の注文住宅は小野寺工務店

おかげさまで創業60周年

フリーダイヤル0120-405-233(月-土/9:00〜18:00)

スタッフブログ【Staff Blog】

Date:2017年10月31日 | Category:

工務店の仕事をするようになり運転をする時間がぐっと増えました。
車の中で音楽を楽しむ時間は、絶好のプライベートタイムとなっております。

さて、本日はマイカーのCDボックスから選んだ「今日の一枚」をご紹介致します(^_^)





Revolver
The Beatles 1966

ビートルズのアルバムはどれを取っても

「あぁ、このアルバムはベスト3に入っちゃうよなぁ・・・」

と思わせるところが何よりの魅力です。
それでもやっぱり「Revolver」は私の中で特別です。

彼らの曲を聴くと、いつも妄想の中の4人が勝手なおしゃべりをはじめます。
1曲目の「Taxman」がかかると、シャイなジョージは遠慮がちに

「いや、1曲目はジョンがいけよ、俺はいいよ!」

と言い、皆んなが

「いーから行けよ!ジョージ!」

と、からかうのです(^_^)
ジョージの曲の時は他のメンバーもより丁寧に演奏し、優しくジョージを応援しているように感じます。

10曲目 ポールの「For No One」は、私の大事なマイフェイバリットソングです。
この曲の中でポールはいつも「そんな小さいこと、まだ気にしているの?」と、あの茶目っ気たっぷりの笑顔で微笑み、
ホルンが入るところでは一筋の暖かい陽が射し込むのです。

どんな事があっても、それでも「Revolver」を聴く楽しみがある!
そう思わせてくれる大事な一枚なのでございましたm(__)m

m,nami

Date:2017年10月23日 | Category:

完成お引き渡し後の3か月定期点検にお伺いして参りました。

こちらのお家、「猫と暮らすオトナのお家づくり」が当初からのコンセプトでした。
こちらが主役のウタちゃん(=^・^=)です。





 





 


奥様がご活躍されたというお庭もお見事です!!





 





 

ご家族も猫ちゃんも快適にお過ごしとのこと、とても楽しいご訪問となりました。
美味しいお茶とお菓子、ご馳走様でした。

これからも長いお付き合いどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

m,nami


Date:2017年10月21日 | Category:

今回のお家は、

サッシはAPW330(樹脂スペーサー+アルゴンガス入り)     
玄関はユダ木工の木製ドアを使用しています。





 





 

いよいよ断熱工事になります。
お家の性能を左右する大事な工事です。
断熱材はアップルゲート社のセルロース断熱です。

ご存知の通り、セルロースは湿気を吸放出する性質、
音を吸音する性能があり、環境にも優しい断熱材です。

アップルゲート社のセルロース断熱は壁部分に霧状の水の中を通過させ、
風圧をかけて吹き付けるウォール・スプレーと工法。
水分を含めたセルロースが乾燥すると吹き付け面と上下・両側の面で固定され
自重で沈み込む心配がありません。





 





 

屋根部分は内側にシートを貼り、セルロースを吹き込む施工になります。

屋根部分はしっかりとした圧力でセルロースを吹き込めば自重で沈んでも斜めになり、
断熱材に隙間は出来ないので結露は起こりません。





 

断熱材はいろいろとありますが、一番大事なのはしっかり施工をする事です。
その施工性を確認するのが気密試験になります。

当社の基準ではC値(隙間相当面積)を0.5c㎡/㎡以下にしています。
気密試験で隙間のない施工が出来ていれば結露はほとんどせず、家の性能が確保されます。

次回は気密試験の結果をご報告します。

s.taka

Date:2017年10月8日 | Category:

私のライフワークのひとつに「お土地調査」という大事な任務があります。

調査というと大げさですが、つまりはお土地探しのお手伝い(^_^)
候補のお土地にご希望のお家を建てる事が出来るのか、お客様に代わり現場をじっくり調査します。

良い物件が出たと聴くと居ても立ってもいられず、巻尺とカメラを持って現場に直行です!

給排水の引込み状況
境界杭の確認
道路状況
生活環境や学校の確認
近隣の方にお話を聴くこともありますし、
役所の建築指導課や下水道局、法務局で登記簿を調べることもあります。

地味な作業のようですが、この作業をしているいろいろな人生ドラマに出会います。
給排水図面にだってドラマがあるのですよ。

あるお土地が販売に出ました。
給排水図を調べてみると、困ったことに給水管がお隣のお土地に越境しています。
そして排水は反対隣りの敷地内の排水マスを使用していることが分かりました。

なんで????

おそらくこのお土地のお持ち主は元々、両隣の土地も所有していたのです。
広いお庭を少しづつ販売し、最後に母屋を販売された。
なので以前の給排水がお隣に越境したままだったのです。
ちょっと切なくなってしまいましたが、きっと新天地で幸せにお過ごしのことでしょう。


もうひとつのドラマをご紹介しましょう。
販売中の土地の登記簿を調べていた時のことです。
お持ち主のお名前がお二人からお一人になっています。
「ご夫妻のどちらかがお亡くなりになったのかな。男性の名前だけ残ったから奥様が先に亡くなったのかもしれない」

その後、同じ苗字の女性に変わっています。
「お母さんが亡くなって、その後お父さんも亡くなって、お嬢さんが相続されたのかな。ご名義はお嬢さんはお一人だから、一人っ子だったのかもしれない。」

そしてお土地を販売される時、その女性の苗字がカタカナになっていました。
住所は航空会社の社宅になっています。
「あ、ご結婚されたんだ! 国際結婚なんだ!ご主人様はパイロットかな(^_^) ご結婚前にご両親を亡くされて悲しい想いしたけど、今はきっと幸せなんだな♪」
こんな地場の工務店で、お会いする事もない女性の国際結婚を祝福することができます。
お家づくりのお手伝いは、本当に楽しい仕事です(^_^)

さて、また今日もお土地調査に行って参ります!!

m,nami

カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ