東京・調布の注文住宅は小野寺工務店

おかげさまで創業60周年

フリーダイヤル0120-405-233(月-土/9:00〜18:00)

スタッフブログ【Staff Blog】

Date:2015年6月26日 | Category:


 

来月25(土)26(日)完成見学会予定のこちらの現場、


今週はセルフビルドウィーク!
お施主様自ら現場で腕を振るい、マイホームの完成に
一役どころか二役も三役も買っていただいたおります。


こちらは珪藻土塗り講習の模様です。
良質な珪藻土「エコクィーン」で知られる日本ケイ
ソウ土建材さんでは丁寧な指導のもと塗り体験を
させてくださいます。
http://www.ecoqueen.com/taiken/top.html

 


 

珪藻土の塗り壁をはじめ、こちらの現場は塗装全て
がセルフビルドなんです。


「自分で作業することで家に一層愛着が沸きますね」
とにっこりほほ笑むご主人様、
ご本人から顔出しOK!のご了承いただきました(^_^)



お父さんが塗装したカウンターで、
お母さんがパソコンをしたり
お子さんが宿題をしたり
家族皆んなのお気に入りコーナーになりそうです。

 


 

大工の鈴川さんも「このカウンターはA級品だよ~」
と自画自賛!
小上がりの畳スペース&たっぷり収納の本棚だって
お見事ですよ。

 



 

大工はじめ職人一同、そしてお施主様の素晴らしい
仕事っぷりを是非、完成見学会でお確かめください。
詳しくはまたこちらブログから改めてご案内致します。
どうぞお楽しみに


m,nami

Date:2015年6月25日 | Category:




 

足場が掛けられ、
いよいよ建て方が始まりました。

 





 

1階部分を立ち上げた段階で、柱のねじれ等をチェックして
矯正をしながら、木材を使って固定して行きます。
一度矯正しても、他の部分を矯正すると、一度矯正した部分が
またずれたりしますので、結構手間のかかる作業です。

 




 

今回は上棟式を行わずに、お施主様にお昼をご用意頂き、
職人さんとの顔合わせを行いました。

最後に社長に挨拶を頂き、安全を守り、お客様のために
より良いお家を建てる様に、一同頑張る事を誓いました。

 






 

野地板までは終わりませんでしたが、無事に棟上げが完了しました。

W様上棟、おめでとうございます。

これからも、しっかりと工事をさせて頂きます。

Taka

 

Date:2015年6月15日 | Category:


 

JIOさんの瑕疵担保保険の検査完了。

 



 

お施主様から要望された止水プレートを
施工クリップで止めて行くタイプの物で
非常に施工性が良い物です。

 



 

基礎床部分のコンクリート施工が始まりました。

 



 

床部分のコンクリート施工後の止水プレートは
このような状態になります。
置いてある石を目安にするとなんとなく高さが分かりますよね。

 



 

止水プレートが半分コンクリートの上に立ち上がっています。
この部分を立ち上がりのコンクリートの中に入れる事で
縦と横のコンクリートの継ぎ目から水や蟻の侵入を防ぎます。

 







 

型枠を組み、コンクリートの施工が終わり、養生を完了しました。

Taka

Date:2015年6月8日 | Category:


 

本日は木工事真っ只中の世田谷区北烏山の
現場をご紹介致します。


先日はお施主様にも現場にお越しいただき
打合せが行われました。


図面上ではOK!と思っていたことが
実際に現場で見てみると、


「やっぱりこうしたい!」


と思うところが出てくるものです。


照明器具やコンセントの位置を現場で
一つ一つ確認していきました。

 


 

こちらのお家の特徴は、
SRC基礎による蓄熱床工法。
ご覧いただけますように、1階床下に
空間がありません。

SRC基礎の特徴
http://www.yashima.com/merit.html

コンクリ基礎の中全体にぐるぐると
床暖房用温水パイプを回しておりますので
基礎全体が温まり、玄関から洗面脱衣室
まで1階丸ごとホカホカになります。


その力を発揮できる今冬が楽しみです(^_^)

 



 

2F天井は、屋根なりに勾配をつけて
高くする事でこの開放感を実現しました。
高窓からも明るい陽射しが入ります。

リビングの掃出しサッシは1間半という
既製品の中では最大寸法サイズを採用。

2Fでありながら
内・リビング←→外・ウッドデッキの
つながりはまるで、半分そとにいる感じ。

これは当初からのお施主様のご要望
でした(^_^)
お風呂上りは、借景を楽しみながらデッキ
でビールなんて最高ですね!


木工事が一段落しましたら断熱吹付工事が
はじまります。
その模様はまたこちらよりお知らせ致します。
どうぞお楽しみに。

m,nami

Date:2015年6月3日 | Category:


 

今回のお施主様は温熱環境にも興味を持って頂いているので、
我々が推奨している基礎の立ち上がりの外断熱に加え
基礎下にも断熱材を施工する方法で行います。

断熱材は防蟻処理をした50mmのEPSを使用します。

基礎下にも断熱材を加える事で、冬場の基礎からの熱損失を
押さえる事が出来るので、暖房負荷が軽減されます。

住宅の性能が一定以上の性能になると、少しずつの熱損失を
押さえる工夫が大事になって来ます。

 





 

基礎立ち上がりの下も含め防湿シート(厚み0.3mm)を
敷いた上に断熱材を施工します。

また、基礎立ち上がりの断熱材のつなぎ目の部分と
つなぎ目の内側には防蟻のシールを施工します。

 





 

断熱材が一面に施工された後に、基礎の鉄筋が配筋されました。

Taka

Date:2015年6月1日 | Category:

ご新築完成時にお客様から頂戴したアンケートの一部をご紹介致します。
お客様の声が私たちの何よりの励みです。

ありがとうございます!

株式会社小野寺工務店 一同

 

Q1:弊社に家づくりをご依頼いただく前にどんなことを考えていましたか?お悩みでしたか?
 
自分達の希望する家がどこまで叶うのか、予算は大丈夫なのか、
きちんと納得するまで話を聞いてもらえるのか…etc心配していました。
 

Q2:何がきっかけで、弊社の事を知りましたか?
 
「SUUMO」誌で知りました。それから資料請求させて頂きました。
→写真をみて素敵なお家を建てられている工務店だなと思いました。
 

Q3:弊社を知ってすぐご依頼いただきましたか?すぐにご依頼いただけなかった場合、なぜすぐご依頼いただけませんでしたか?すぐにご依頼いただけなかった理由(不安)をお聞かせください。
 
8/24でした!最初の訪問から1ヶ月位での依頼だったと思います。
他社さんと比較していた事、各工務店共特徴や売りにされていることが違っていたので
何を主軸に決めたらよいのか迷いもあり、時間がかかりました。
 

Q4:他にも工務店があったにもかかわらず、何が「決め手」となって弊社へ依頼してくれたのですか?
 
木の家を造る工務店という印象。
相談がしやすかった(社長さんが一級建築士で、直接相談ができたのが良かった)。
「地元で50年」という安心感があり決めてとなりました。
 

Q5:新築住宅が完成してみていかがですか?何か変化はありましたか?感想をお聞かせください。
 
嬉しいです!やっと出来たなという実感です。
毎日毎日職人さん達が一生懸命造ってくださっていて、
家ってこうやって出来るんだなぁと感心しておりました。
何か変ですが終わってしまうのが少し寂しいような気がします。^_^;
でも、もちろん新しい家での生活を考えるとわくわくします。
並河さん、若林さんにも本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。


<小金井市K様邸の施工例はコチラ>




カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ