東京・調布の注文住宅は小野寺工務店

おかげさまで創業60周年

フリーダイヤル0120-405-233(月-土/9:00〜18:00)

スタッフブログ【Staff Blog】

Date:2017年5月29日 | Category:


 

汗ばむ初夏の夕暮れ時に、落語を楽しんで参りました。
柳家小三治 独演会 です。

ご贔屓の小三治師匠のお噺が二題続けて聴けるこの贅沢さ(^_^)
TVのお笑い番組も大好きですが、お金を払って聴きに行くのは落語だけです。

この日の演目は「長短」
そして小三治師匠の十八番「粗忽長屋」

~ 粗忽長屋 そこつながや ~
浅草の観音様に向かう八五郎、
なぜか浅草雷門の広小路は黒山の人だかり、どうやら行き倒れが出たらしい。
人をかきわけ死体を見れば、同じ長屋に住む熊五郎ではありませんか!

慌てて長屋に駆け戻り、寝ている熊五郎を叩き起こし
「のんきに寝てる奴があるか!お前は昨晩死んじまったんだぞ」と教えます。

たらふく酒を呑んで昨夜の記憶がない熊五郎、
言われてみればそんな気もする。
八五郎に連れられて死んだ自分とご対面した熊五郎は・・・

 


 

粗忽とは、あわてん坊の意味。
「粗忽長屋」という一言で、あわて者たちの住む長屋の風景が浮かびます。

古典落語の中には粗忽長屋のように、笑っているうちに不可思議な世界に
引き込まれるような、ちょっと不気味なお噺が数多くあります。

「黄金餅」
ケチが高じて黄金を呑み込んたまま死んでしまった願人坊主、
それを見ていた隣りの金兵衛、お腹に残った黄金欲しさに・・・

「もう半分」
呑み屋夫婦に金をだまし取られた爺さんが、生まれ変わったその先は・・・

「死神」
長患いをしている者には死神が足元か枕元についている。
足元にいる者はどうにかなるが枕元の時はもうダメだ。
死神が見えるようになった男はニセ医者となり・・・

「後生鰻」
信心深い御隠居さん、何より殺生が大嫌い。
蒲焼にされる寸前のウナギを鰻屋のオヤジから買い取り、
川へボチャーンと帰しては 「あぁ、今日も良い功徳をした」
御隠居さんが最後にした功徳とは・・・

 


 

落語にモラルを求めるのはそれこそ野暮というもの。
人間の残酷さや愚かさをこんな風に笑い飛ばしながら、
江戸時代の粗忽者たちもゾゾっとするお噺で涼をとったのかも
しれません(^_^)

名人小三治さんに手を引かれ、
ちょっとトリップしてしまった宵でございました m(__)m

m,nami

Date:2017年5月25日 | Category:


 



 

基礎工事が始まりました。

基礎下と基礎立ち上がりの外側に
防蟻のEPS断熱材を施工しています。

これにより基礎からの熱の出入りを抑え、
床下の温度を安定させて、室内を快適にし、
光熱費も削減します。

 



 

配筋検査を終え、コンクリートの打設を行います。

最初に底部分を打設し、乾燥させた後に
立ち上がり部分を打設します。

 



 

コンクリートを乾燥させた後に、
型枠を外し完了です。

この後は、いよいよ建て方になり、
本格的に工事が進んで行きます。

Taka

Date:2017年5月17日 | Category:


 

調布市布田3丁目で
新しいお家の工事が始まります。

インテリアの素敵な高性能住宅で、
書道教室も併設されますので、
近所の方々との交流の場としても
活用されればと楽しみにしています。

 


 

職人も含め、みんなで協力して、
完成まで安全に工事を行いますの、
よろしくお願いします。

Taka

Date:2017年5月12日 | Category:


 

トップページのニュース・イベントでもご案内しております通り
5月20日(土)21日(日)10:00~17:00
杉並区久我山にて2日間限定!完成見学会を開催致します。

1階の長い土間
吹き抜けに並んだ高窓
ロフトにあがる階段
白いタイルの洗面室

お施主様ご家族の想いが溢れる、とても素敵なお家になりました。

 



 

今年1月に行われた地鎮祭の模様



 


 

この度、見学会チラシを作成するにあたりお施主様へアンケートをお願い致しました。
その中の一文をご紹介致します m(__)m

●Q:たくさんの建築会社がある中、弊社にご依頼いただく「決め手」となった理由は何ですか?

●A:何よりも小野寺工務店さんみなさんの人柄です。家づくりに対する真摯な姿勢と
愛情が感じられ、信頼させてもらおう!、と決断しました。
また、理想とする家づくりの過程には、さまざまな面倒な申請や手続きがついて回りますが
資金計画とともに明確にサポートしてくださったり、相談に乗ってくださったりして、
安心できたのが心強かったです。

●Q:お打合せ中、工事中、心に残る思い出はございますか?

●A:設計中や工事中に、自分たちがこうしたいというアイデアにいつでも温かく肯定的に
捉えてくださったり、出来ないことは一緒に考えてくださり、言えなくて後悔しちゃった!
なんてことはありませんでした。
本当に気持ちのいい対応をしてくださる工務店さんだと思いました。
設計士さん、職人さんのアイデアやセンス、技術力も人知れずひそんでいる、こんな贅沢な
家に暮らせることに幸せに感じます。

 


 



ご主人様の定位置に
なりそうなロフト階段

童心に帰るひとときです

 

こんな素敵なお返事をいただいて!!!
メール読みながら思わず涙ナミダ (T_T)
残業してまた読み返して涙ナミダ (T_T)

お家の完成は毎回正直寂しいですが、新しいお家で新生活をスタートされるお施主様
ご家族の笑顔を思い浮かべつつ、ラストスパートで努めて参りますm(__)m

私達らしいお家づくり 完成見学会 in 杉並区久我山
 5月20日(土)21(日)10:00~17:00

是非!この機会にご参加ください。
駐車スペースに限りがございます。お車でご来場の方はご希望日時をお知らせの上
お早目にご予約いただけますようお願い致します。
現場地図を添えてご案内状をお送り致します。
TEL 0120-405-233
na@onodera-koumuten.com
担当:並河 みよ子

ご予約のご連絡、心よりお待ちしております。

m,nami

 

カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ