東京・調布の注文住宅は小野寺工務店

おかげさまで創業60周年

フリーダイヤル0120-405-233(月-土/9:00〜18:00)

スタッフブログ【Staff Blog】

Date:2019年6月30日 | Category:

調布スイーツの名店「あずきや 安堂」さんの看板が壊れた!とあっては、
同じく調布市民に愛される小野寺工務店が黙ってはいられません。


 


 


 

はい!見事に復活です!
雰囲気があって素敵な看板ですね。




 

調布の3時に平和が戻り、名物のかき氷を職人・監督もいただきました。
どうもご馳走様でした m(__)m



 

調布 天神通りの「あずきや 安堂」さん
http://azukiya-ando.jp/
https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13100542/

m.nami

Date:2019年6月14日 | Category:

完成に向けて着々と工事の進む A邸 in 調布市 のご案内です。

こちらのお施主様は「耐震性」について優先順位を高くお考えでした。
階段の吹き抜けを生かしながら耐震性を高めたプランについて、当初から何度も打合せ致しましたね。
最終的には耐震等級3で住宅性能証明を取り、更に上棟直前で「制震テープ」も採用してくださることになりました。

制震テープとは、高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を木造住宅用として両面テープ状に加工したもの、
採用した製品はこちらです。
アイディールブレーン株式会社
https://ibrain.jp/tape_main.html

メーカーさんが図面を基にテープを貼る場所を計算してくれ、現場にもレクチャーに来て下さいました。
最近は、耐震ダンパーや金物工法以外にもこのような耐震に関わる良い製品が増えて参りました。




 


 


 

・・・ですがいくら良い製品を採用しても、メーカーさんの謳う優れた数値が発揮できるのは
「その製品がきちんと施工されている」ことが前提です。
結局お家を造るのは人、なのですね(^_^)

こちらの現場では、弊社の多能工 ‟ともちゃん” がメインとなってテープ作業を行いました。
多能工とは、一人で複数の業務や行程をこなす作業員の事を言います。
マルチスキルのともちゃんは、小野寺工務店にはなくてはならない存在(^_^)
きっっっちりした性格でいつも信頼できる施工を行ってくれています。
きっちりし過ぎて、メーカーさんが計算したテープでは足りず追加発注してまで貼り続けておりました。


 


 


 


 

信頼できる職人さん方と工務店のチームワークで、今日も元気に現場が動いております。
これから又どんどん新しいお家づくりがスタートします!
乞うご期待ください(^_^)

m,nami

カテゴリー

アーカイブス

このページのトップへ